【Kindleで出版】無料で読めるポイ活ノウハウ

ポイ活仲間に自己紹介を書いてもらった話(ひろしさん編)

ガチで稼ぐ

ポイ活民と話したい!

ひろしさんに聞いてみよう。

「まわりにポイ活してるひとがいない」
「みんなどうやってポイ活してるの?」
「ざっくりしたポイ活ライフを知りたい!」

この疑問にばっちりお答えします。

ポイ活はリアルの仲間がいるひとが少なめ。案件の情報は共有できても、コアな話にはなかなか踏み込めません。

そこで今回は、ポイ活仲間のひろしさんに自己紹介を書いてもらいました!

よろしくお願いいたします。

こちらこそです。

この記事を読むとポイ活が身近に感じられ、もっと楽しくなります。

ぜひご覧ください。

あえて原文です

原稿に人間性を感じられるので、あえて原文で載せます。ブログっぽくないですが、ひろしさんの雰囲気を感じてもらえれば嬉しいです。

僕のポイ活

おことわり

ポイ活やその周辺では確定申告が必要なケースがありますが、その扱いはグレーな部分も多く、僕は税理士でもないため、税金については本稿では扱いません。

また、ポイ活やその他お得な行動をやるかどうか、どの程度やるか、どのように取り組むかは自己責任であり、この記事はその是非を論じるものでもありません。

ポイ活との出会い

精神科医師として勤務しており、仕事や趣味でそこそこ忙しい生活だったため、お金やポイントについては無頓着でした。最初に始めたのは周りの数人の医者がやっていたm3などのいわゆる「医療系ポイ活」です。

医者の中ではかなり有名なサイトで、薬の説明やWEB講演会を見ることでポイントがもらえるものです(ちなみにエムスリーは東証一部上場企業で、日経平均にも採用され、コロナ禍で大きく株価をあげました。現在は少し下がりつつありますが…)。

≫外部サイト(エムスリー株価)

最初はm3しかやっていませんでしたが、他のサイトもやるとよりポイントが稼げるのではないか、と当たり前のことに気づき、ケアネット、メドピアなども登録し、ぽちぽちとポイントを集めていました。

しばらくこれで満足していましたが、キャッシュレス各社が何でもかんでも20%還元をうたっていた2018年頃、買い物でこれだけポイントがもらえるのはかなりすごいんじゃないか、とこれまた当たり前のことに気づき、年会費無料のクレカ、PayPay、LINE Pay、Kyash、今は亡きOrigamipayなど各種キャッシュレスを導入し、日頃の買い物に使うようになりました。あの頃の青天井20%はどう考えてもおかしかったですよね…。

最初はグーグルで適当に検索をかけていたのですが、Twitterのヒットが多かったので情報収集のため2019年8月Twitterアカウントも作り、キャッシュレス以外の「ポイ活」にも浸かっていくことになりました。

ポイ活とは?

世間の「ポイ活」は「支払いの際に何らかのポイントカードを出して1%程度のポイントを得る」「広告のタップやクリック、アンケートなどで一つ当たり数円程度を得ることを繰り返す」といったものがイメージされていると思います。僕の周囲(リアル)でもポイ活なんて手間がかかるだけで儲からないでしょ、といった意見の多くもこれに基づく場合が多いです。

Twitterでのポイ活に出会って驚いたのが、1件で数千円~数万円分入る案件がごろごろ流れてくることです。これは提供元の企業が宣伝広告費をかけてユーザーを囲い込み、その後そのサービスを使い続けることで費用以上のリターンを見込んでいるのだろうと想像しています。各種ポイントサイトを通じたポイントの他にも、銀行やFXでは現金が、仮想通貨では仮想通貨がもらえることもあり、これもポイ活の一部だと理解しています。

ポイ活の情報収集

基本的にはTwitterを使っています。いわゆるインフルエンサーと呼ばれるような方々をフォローしておき、案件が流れてくるのを待つスタイルです。ポイ活界隈は比較的優しい方が多く、初心者の頃いろんな質問をしても丁寧に説明してもらえて助かりました。

情報を発信する側に回り、能動的に情報収集を行い、丁寧かつスピーディな発信を続け、フォロワーを増やし、インフルエンサーと呼ばれるところまでいけば利益は違うかもしれませんが、そこに至る手間と労力はかなりのものと推測されます…。僕自身はそこまでやる力はないので、流れてくる情報を吟味して拾っていくスタイルを当面は続けるつもりです。

株の世界では誰かの意見に流されて飛びついて売買する行為は「イナゴ」と呼ばれ推奨されませんが、ポイ活の世界では「イナゴ」するだけで十分なケースが多いです。誰かが情報を発信すると、瞬く間に拡散され、利益を得るために最善の方法や落とし穴が発見され、最適な方法で取り組むことができます。これが1日、早ければ数時間で行われますので、ポイ活界隈のすごさを日々実感しています。

どのポイ活に手を出すか

主に狙っているのは高額クレカ、FX、暗号資産、証券口座、クラウドファンディングなどです。どれもリスクがゼロではなく、一名義あるいは同一住所・IPで1回しか取り組めないものが多いため、条件についてはどこ得やポイント獲得ナビ等でサイト間の比較やポイントの推移を確認してから取り組むようにしています。待っていると条件が上がる場合もあるし、枯れてしまって復活しない場合や条件が難化してしまう可能性もあり、どの時点で取り組むべきか答えはありません。

僕の場合、JCB WやYJFX、マネックス証券などは早く取り組みすぎてあとから2倍以上になったのをみて後悔したり、利回り不動産(Twitterではお祈り不動産と呼ばれ申し込んでもなかなか投資できなかった)はすぐに飛びついて承認されてラッキーだったり、CREALというクラウドファンディング案件はTwitterで有名になる前の条件で取り組みローリスクでポイントをもらったこともあります。取り組み方は人それぞれになりますが、TLでわいわいしながらやるのもポイ活の楽しみの一つかと思います。

ポイ活の出口

各種ポイントサイトで稼いだポイントは年末のdポイント増量にすべてつぎ込むつもりでいます。年によって違いますが、期間限定ポイントとはいえノーリスク青天井15%増量はかなりの利回りになるので、これ以上の利回りが期待できなければ使うことはありません。大量のdポイントが貯まってしまいますが、日興フロッギーを経由すれば99%以上の還元率で現金化も可能なので使い勝手は悪くありません。

また、各種クレカ案件をこなすときにいわゆる「修行」が必要な場合が多いのですが、そうそう多額の買い物をするわけでもないので、Kyash・aupayプリカ・MIXI M・revolutといったプリペイドカードに大量の残高が残ってしまいます。これを寝かせておくと利回りがつかず非常にもったいないことになるので、出口を考えておくことが重要です。僕の場合は今年度からいわゆるフリーターの立場となるので、国民年金の前納、住民税の普通徴収等の支払いに充てるつもりです。その際には手数料を払わなくていいようにApple wallet経由でプリカからnanacoにチャージしてセブンイレブンで払うのが少し手間はかかりますがコスパはいいかもしれません。ただし、nanacoでの支払いは1回30万円までなのでそれを越さないよう注意が必要です。このように明確な使い道がはっきりしておらず、数年間プリカに寝かせっぱなしの残高ができてしまう…というようならプリカ込みのクレカ修行には取り組まない方がいいのかもしれません。

終わりに

POIさんに声をかけていただき、自分のやってきたことをまとめられて頭が少しすっきりした気がします。ポイ活の最適解は個人個人で違うとは思いますが、少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

Twitterで会うことがありましたら仲良くしてください笑

ありがとうございました!

ひろしさんと一緒に、ポイ活を楽しみましょう!

poi

▼ポイ活で200万稼いだアヒル
▼中の人は30代男
▼ゲームとFX案件が得意
▼奥さんと3歳、1歳の子ガモと生活中
▼レジでポイントカード出すの苦手
▼Twitterフォロワー数4000超

poiをフォローする
ガチで稼ぐ
poiをフォローする
POIのポイ活
タイトルとURLをコピーしました